新着情報詳細 | クロバー公式オンラインショップ
 > 新着情報一覧 > 

私の作品と道具〜作家さんを訪ねて うさんこチャンネル うさんこさん

動画共有サイト「Youtube(ユーチューブ)」では、あらゆるジャンルの様々な 動画を見ることができます。実はハンドメイド系の動画もたくさんあるのをご存知ですか?
今回はそのハンドメイド系Youtuber(ユーチューバー)、「うさんこチャンネル」のうさんこさんにお話を伺いました。
簡単に作れるポーチやバッグ、小さな端切れのユニークな活用術などの動画が人気の「うさんこチャンネル」。きれいに作るためのポイントは押さえつつ、細かい部分が多少うまくいかなくても「まぁ、いいかっ!」、「大丈夫!」とおおらかに受け止めて作られている様子には、友達がソーイングをしているのを隣で見せてもらっているような楽しさがあります。とにかくハンドメイドを楽しまれている雰囲気が伝わってくるのが「うさんこチャンネル」の魅力です。

「ハンドメイドをしたことがない方にも、動画を見てちょっとやってみようかなと思ってもらえると嬉しい」と話してくださったうさんこさん。うさんこさんご自身も、もともとハンドメイド好きだったというわけではなく、ソーイングを始めたきっかけはお子さんの幼稚園グッズ作りだったそう。
ミシンを買った当時、分からないながらも独学で色々作っていった経験から、初心者の方が見てもわかりやすい動画作りを心掛けられているそうです。「本などで分かりにくい部分も、映像で見るとわかることもあるので、そういった映像の良さを生かせるように工夫しています」と教えてくださいました。

布が好きな方なら誰もが持っている「端切れ」を活用した作品の動画も人気です。中には「布くず」というほど小さな端切れを使って作るポーチといった面白いものも。
大好きな布は端切れになっても捨てられないといううさんこさん。布在庫を眺めるのも幸せな気分になって大好きなのだそうです。

 

●「布くずみたいな小さすぎる布 新しい布を作ってポーチにしたよ」
https://www.youtube.com/watch?v=3kCe8474DAg

 

ちなみに左の画像の作品は、シュシュにファスナーを付けた「シュシュポーチ」。中にお金やリップなどが入るそうです。手ぶらで出かけるときに便利なんだとか(!?)

 

●「海外で人気のポーチ?! 簡単で作るのが楽しい シュシュポーチの作り方」
https://www.youtube.com/watch?v=Jy2N8VLVDy0

最近はダーニングも始められました。修繕目的だけでなく、刺しゅうっぽく楽しめる点にも魅力を感じ、色々研究されているそうです。
ダーニングマッシュルームはお部屋に飾っておいてもかわいいので、そこもうさんこさんのお気に入りポイント。
近々「うさんこチャンネル」でもダーニングの動画をアップされる予定とのことで、楽しみです。

ハンドメイドの魅力について伺うと、「夢中になって作っていると嫌なことも忘れてしまうし、お家で手軽にできる点が魅力。頑張りすぎない、日常を楽しむためのハンドメイドを提案していきたい」と話してくださいました。

作品掲載書籍紹介

『たたみのへりを折る・縫う・つまむ 柄で彩る 畳縁の小もの』

日本ヴォーグ社

 

畳の縁を飾る「畳縁(たたみべり)」は丈夫で、端の始末がいらず、手芸の材料として人気です。この本では市松模様や麻の葉柄など伝統柄から水玉、ストライプ、花柄、猫柄などカラフルな約8㎝幅の畳縁を使ってバッグ、ペンケース、着物型キーホルダー、お財布、コサージュなど素敵な小もの全68点を作り方つきで紹介。

 

うさんこさんデザインの「ポーチ」と、スマートフォンを置いて使える「スタンドクッション」が掲載されています。

うさんこチャンネル うさんこさんProfile

日常を楽しむためのハンドメイドを提案されているハンドメイド系ユーチューバー。Youtube「うさんこチャンネル」で、ミシンを使った布小物の作り方などの動画を配信されています。

Youtube「うさんこチャンネル」
https://www.youtube.com/channel/UCCYhrcet-1beyUVPMHdVUvg/featured

Twitter @RURUN_tantan
インスタグラム @usanko_ch

お気に入りのクロバー商品

うさんこチャンネルでもよく登場する、お気に入りのクロバー商品を教えていただきました。

●「仮止めクリップ」
開口部が大きく開いて、はさむ力も強いところがお気に入りポイント。

●「水性チャコペンツイン<ピンク細・太>」
ピンクの色が見やすいと愛用してくださっています。

●「ボールポイント目打」
見た目の可愛さにひかれて購入してくださったとのこと。先が普通の目打よりも丸いとことろもお気に入りだそう。

●「カラフルラバーシンブル<大・16mm>」
手縫いで針を引き抜くときにこのシンブルをはめていると、指も痛くならずしっかりつかめるため重宝されています。