新着情報詳細 | クロバー公式オンラインショップ
 > 新着情報一覧 > 

私の作品と道具〜作家さんを訪ねて 片山あゆ子先生

愛らしい動物たちや、立体的に作られた花々がちりばめられた、ロマンチックでスイートな作品が人気の片山あゆ子先生。
子どもの頃から何かを作ることが大好きだったそうで、幼少期は絵や工作に、中学生の頃からは布を使った手芸に親しまれ、進学した文化服装学園では刺しゅう他、様々な技法を学ばれ、どんどん表現の幅を広げて来られました。
子どもの頃から好きなこと、やりたいことがずっと変わっていないとおっしゃる片山先生。「自分が持っている才能がたまたまこの『手』と作りたいものを考える『発想』の2つだったので、これで誰かが喜んでくれたり笑顔になってくれることが何よりうれしい」と話してくださいました。

卒業後は(株)ファミリアに就職しデザイナーとして活躍され、出産を機に退職。しばらくは趣味として手作りを楽しまれていました。そんな中、投稿をきっかけに雑誌『コットンタイム』に作品掲載されるように。当時、阪急百貨店うめだ本店の手芸売り場でよく買い物をされていた片山先生。誌面には作品と一緒に名前も掲載されていたので、それを見た手芸売り場のスタッフさんから「もしかしてこの雑誌に載っている片山さんって片山さんですか!?」と驚きと共に声を掛けられ、売り場に作品を展示するようになったそうです。展示作品は評判を呼び、人気がどんどん高まってお客さんから「習いたい」という要望が多く出たことが教室を始めるきっかけになりました。
その他にも色々な出会いが重なって、作家としての活動が本格化していかれたそうです。

片山先生は、タペストリーやバッグなどの布小物に加え、左の写真のような立体的な作品も多く手掛けられています。タペストリーでも、モチーフをより立体的に表現するために紙とキルト芯を用いるなど、独自の技法を取り入れた作品作りをされています。ご自身の作品について、「布を使っている手芸工作という感じです」と話してくださいましたが、既定の技法にとらわれず、表現したいイメージを形にするためにはどうすればいいのかということを、日々創意工夫されています。

片山先生の作品は日常のひとコマが生き生きと描かれており、うさぎやくまの子どもたちが遊んでいる様子など、まるで絵本を見ているような物語を感じます。それもそのはず、先生によると「すべての作品にストーリーがあります」とのこと。作品を作る際も、この子が今何をしていて、どんなセリフを話しているのかなど、具体的に思い描きながら感情を込めて作られるそうです。

 

オリジナルキットも多数販売されています。キットについては片山先生のインスタグラムやブログをご覧ください。キットは通信販売もされています。

 

インスタグラム @ayuko_katayama_official
ブログ https://ameblo.jp/osaka392/

大阪市に片山先生のショップ兼教室があります。中にはたくさんの作品が展示されていて、見ているだけでもワクワクする空間が広がっています。2004年のオープン後、たまたま小学校の卒業文集を見たら「将来は手作りのものを売るお店を開きたい」と書いてあり、子どもの頃に思い描いていた夢が実現していることに驚いたそうです。

 

こちらで開講されている「片山あゆ子手芸教室」は、先生のオリジナルキットの中から好きなものを選んで作るスタイルで、手芸初心者の方もご自分のペースですすめられます。
完全予約制ですので、興味のある方は片山先生に直接お問い合わせください。教室の詳細と問い合わせ先については下記アドレスをご覧ください。

 

<教室詳細はこちら>

https://ameblo.jp/osaka392/entry-12650162951.html?frm=theme

片山あゆ子先生Profile

文化服装学園(東京本校)卒業、(株)ファミリアにデザイナーとして勤務後、手芸作家として活動を始められました。阪急百貨店うめだ本店を始め全国の百貨店やパッチワークキルトイベントにてキットを販売されています。
90年代前半からご自宅で手芸教室を主宰されてこられましたが、2004年にショップ兼教室をオープンし、現在はこちらで毎月10回「片山あゆ子手芸教室」を開講。その他、ヴォーグ学園名古屋校でも講座を開講されています。

 

ブログ https://ameblo.jp/osaka392/

インスタグラム @ayuko_katayama_official